投資顧問とは顧客を相手に投資についての助言をすることで対価を得ている企業のことをいいます。では実際にどのような企業がありどのような活動をしているのか詳しくご紹介してまいります。

三井住友トラスト不動産投資顧問が届けるのは

三井住友トラスト不動産投資顧問が企業理念として考える柱は、9つのキーワードで成り立っています。
経営理念のミッション4本柱、1つ目は、高度な専門性と総合力を駆使し、投資家のニーズに応える事です。
2つ目、革新的専門家集団として健全な不動産投資市場の発展に貢献する事です。
3つ目は、高い自己規律に基づく健全な経営を実践し、社会からの揺るぎない信頼を確立する事です。
4つ目として、個々人の多様性と創造性が組織の付加価値として存分に活かされて、働く事に夢と誇りとやりがいを持てる職場環境を作り出す事です。
更に、三井住友トラスト不動産投資顧問では、次の5つの投資哲学を柱としています。
1に、投資家第一主義で、長期的信頼を勝ち得る為、投資家利益の極大化を目指しています。
2に、透明性で、投資家のために、透明度の高い投資と運用を実践します。
3に、説明責任を徹底する事です。
4は、ベストプラクティス、コンプライアンスを遵守し、投資家のために常に最善の投資と運用を実践する事です。
5は、永遠の挑戦者であれ、つまり、投資家利益のため、挑戦し続ける事です。
三井住友トラスト不動産投資顧問の強みは、最大規模の資産運用残高と、資産管理残高を誇る金融グループの中にある事です。
資産運用から管理までの一貫した最高水準のサービスが提供できる点で、機関投資家から法人、個人まで、幅広いニーズに応えられるところが魅力です。
企業年金をはじめとする国内外機関投資家の高度な資産運用ニーズに応え、確定給付年金、確定拠出年金などにかかる専門性の高い制度、運用、管理コンサルティングのもとで多様な商品を提供しています。
投信運用会社を通じ、主に個人の顧客に対して投資信託を提供しています。