投資顧問の働き

投資顧問とは顧客を相手に投資についての助言をすることで対価を得ている企業のことをいいます。では実際にどのような企業がありどのような活動をしているのか詳しくご紹介してまいります。

いちご不動産投資顧問株式会社について

いちご不動産投資顧問株式会社は、いちごグループホールディングスのグループ企業として、2012年7月1日付で、いちごリートマネジメント株式会社と旧いちご不動産投資顧問株式会社が合併して新たに誕生した会社です。境建築技術と知識を活かし、顧客に求められる金融商品の設計や供給、投資用不動産の管理を代行、投資家に対応する等の不動産運用に関することを専門に運営しています。また、いちご不動産投資顧問株式会社では、さらなる金融商品の価値の向上を実現するために、運用能力の強化を図っています。投資家の最大限の利益を考え、素早い意思決定と企業経営の実行を可能にするために、委員会を設けています。
いちご不動産投資顧問株式会社では、投資法人と私募不動産ファンドの運用を行っています。
投資法人での受託運用は、証券を発行し出資を募集したり、金融機関からの借り入れをしたりして、不動産等への投資をする仕組みになっています。証券会社を通じて、東京証券取引所から売り買いすることができます。首都圏を中心とした中小型の不動産に投資しています。安定していて今後の成長が見込める運用を行っています。少子高齢化や年金問題を解決するために役立つ商品で、将来的に投資家だけでなく、個人の資産を豊かにするための不動産投資信託と言えます。
私募不動産ファンドの運用は、日本国内外の投資家からお金を預けてもらい、日本国内の不動産に投資して運用します。運用している間は、ファンドを形成する不動産の価値を上げるように、テナントを誘致したり、選定したりして、顧客に報告をします。ファンド終了後には、不動産を売却したり、最終報告を行います。受託責任を心がけ、顧客の利益を高めるために、安定した不動産を供給したり、金融技術や建築技術を活かした良質な不動産の再生にも力を入れています。
■投資を始めたばかりの方は投資顧問を頼るのも一つです
投資顧問ランキング|銘柄公開中!
■投資顧問の他にも株主優待が気になる方
株主優待
■流行に遅れるな!
注目 株